即日納品ののぼり旗のメリットとデメリット

街中のあちこちで見かけるのぼり旗。

普段意識していないと意外と気づかないものですが、
実際にのぼり旗の存在によって新しいお店に気づいたり
美味しそうなメニューや新商品のアピールに惹かれて
お店に入るきっかけになっていたりするため
のぼり旗は長く重宝されています。

そんなのぼり旗は、何と言っても他の宣伝ツールに比べて
場合によっては即日納品も可能な非常に便利なアイテムです。

即日納品できるのぼり旗を利用することには、メリットとデメリットがあります。

メリットとしては、必要な時にすぐ手配できる便利さがあります。
例えば使用しているのぼり旗が強風などで使用できなくなったような時、
すぐに納品してもらえれば機会損失を防ぐことができます。

また料金も安いことが多いので、手軽に注文することができます。
さらにネット通販で注文するので、必要とするデータもネットで
入稿できるので、デザイン作成に手間取っても
すぐに送ることが可能です。

納品が早い

テンプレートを利用すれば、さらに手早くデザイン作成も行えるので便利です。

一方でデメリットとなるのは、その多くがインクジェットや
昇華転写によるプリントなので耐久性が低いことです。

色あせるのも早いので、長期間の使用には向いていないわけです。

つまり、定期的に作り替える手間がかかります。
また、インキが生地に染み込むことがないので、裏面から見ると
絵柄がはっきりと見えないこともデメリットとなります。

即日納品が可能なのぼり旗はこのようないくつかのデメリットがありますが、
活用方法を工夫することで宣伝効果を高めることが可能です。

定期的に作り替える必要はありますが、デザインを変えることで
注目度を維持することになります。

のぼりのデザインを変える
また飲食店のように季節ごとにお勧めの料理をデザインすれば
訴求力につながります。

また、作成に時間がかかるシルク印刷ほどの鮮やかさはありませんが、
キメの細やかなデザインをプリントしたのぼり旗を作ることが可能となります。