のぼり旗通販ドットコムでの注文方法

のぼり旗通販ドットコムとは、4万点を超える
写真やイラストが無料で使えるのぼり旗通販の老舗です。

様々なフォントが使えますし、注文からデザイン入稿まで
ワンストップクリア出来る事もポイントになります。

オリジナルの物が作れますので、のぼり旗通販ドットコムでしたら
戦国軍旗のぼりをオーダーする事も可能です。

のぼり旗通販ドットコムで、正式に依頼する場合は
既製品としては扱っていませんので、まずはどの軍旗を
商品にしたいのかを決める事になります。

戦国軍旗

その上でネットで商品とその仕様を選んだ後、
「デザインを作る」のボタンを探してクリックします。

後はそれを編集しつつ、デザイン完成後のイメージを
確認して、そのまま注文者情報を入力すれば終了です。

レギュラーサイズとスリムにショート、スリムショートに
ワイドにビック、ジャンボが選択可能になっている事も
ポイントになります。

後は特殊仕様という事で両面とミニ、セイルの小と大サイズ等も
選択出来ますので、目的を吟味した上で発注を掛けて下さい。

ちなみに提供素材だけではなく、自分で撮った写真を元に作る事も
可能なので、軍旗にこだわりたい場合は、色々回って
ストックを集めておく事をお勧めします。

戦国軍旗とのぼりの意味について

戦国軍旗のぼりは、戦国時代の頃から合戦時や行軍の時の
自己アピールする為の軍旗や旗印をプリントした物と考えて下さい。

意味は武将によって違いますが、明智光秀の桔梗紋や井伊直正の
八幡大菩薩、徳川の葵の紋辺りが有名です。

時代劇や歴史関係の絵図等を良く確認すると、何らかの形で
必ず戦国軍旗のぼりと同じく紋様入りの旗を持った人物や、
戦国軍旗のぼりが確認出来ます。

敵味方の識別であったり、味方の士気をあげるという点で
のぼりは大きく活躍しました。

士気を上げる

戦国時代が終わった江戸時代からは、戦国時代や三国志の武者絵で
子供の成長を祈る風習が出来た事もあり、行事的な部分で
使われる事が増えていきます。

現代においては、神社や相撲等で神様へ届ける神事的な意味が
ある事もありますが、基本的にはお店への呼び込みの道具として
使われる様になっています。

実際、ラーメン屋さん等で旗を立てているといないのでは
集客率に明らかな差が出る事等も証明されており、
その効果は侮れません。

現代の様なスタイルの原型は戦国時代に完成しましたが、
起源を遡ると約830年前の平安時代まで辿る事が出来ます。

魏志倭人伝等の史書に存在が記録されている事が
ポイントですが、どうしてその名前になったのか等の部分は
現代に至るまでハッキリとは分かっていません。

ラーメン屋でオリジナル「のぼり」を効果的に使う!

ラーメン屋の新規客・飛び込み客獲得のために、立て看板や電飾スタンド、
提灯などさまざまな広告ツールが使用されています。

その中でも、設置費用が安いのにもかかわらず効果的な集客が
見込めるのがのぼりです。

ラーメン屋をはじめとするロードサイド沿いの飲食店の前に、
たくさんののぼり旗が並んでいる光景は珍しくありません。

これだけ普及しているのにはいくつかの理由があります。

のぼり

最初にあげるべきは視認性の高さです。

1枚あたりの面積が広く、書かれている文字も大きいので、店の前を通る
ドライバーや通行人の視線を瞬間的に引きつける強い力があります。

いったん店の前を通り過ぎた通行人やドライバーが、気になって引き返して
くることも珍しくありません。

経営的な観点からは、設置費用の安さも魅力的です。

立て看板や電飾スタンドを製作するのには数万円から数十万円の
コストを必要とします。

しかし、その数十分の一のコストで、オリジナルデザインの
のぼりを何枚も制作できます。

オリジナルデザインの制作といっても、背景や文字の色、文字の大きさや
書体を組み合わせるだけなので、低コストで店の名前や看板メニューなど
お客にアピールしたいオリジナルメッセージ入りのものを作ることが可能です。

制作

自分でデザインを考えるのが苦手な経営者に代わって、製作会社がいくつかの
デザインパターンを考えて提案してくれるので、制作にあたっての手間も
ほとんどかかりません。

以上のように、シンプルでありながらも効果的で、しかも導入コストが
安いことが、これだけ広く普及している要因です。

和食屋でオリジナル「のぼり」を効果的に使う!

集客

和食屋にはのぼり集客が効果的です。

どこの和食屋でものぼりが出ていることは多いですがオリジナルで
特徴あるのぼりは目立ちますしお客さんが入ってみようかという
気持ちにもなります。

それではオリジナルだとお客さんに思わせるにはどうしたら良いかですが、
ただお店のメニューを羅列しておくだけだとそのお店が売り物としている
名物料理がわかりません。

うなぎ、天ぷら、寿司、そば、とんかつと並べて書いてあると何を売り物に
しているかわかりませんし限られたスペースに料理名が沢山書かれていると
文字も小さくなります。

そうすると車に乗った人は読めないまま通過してしまいます。

効果的に

効果的なのはそのお店の特徴や売りを一目見ただけで理解できる宣伝文です。

例えば定食580円と書いてあると人は安いと感じ入ってみたくなります。

実際にお客さんがその定食を頼むかどうかはまた別の話で、
まずは入ってみたいお店と思わせることが大事です。

人間の記憶力の限界はマジックナンバーと言われていて7単位、
7文字よりも少なければ覚えやすいのでその中にお店の特徴や売り物を
入れるという短文勝負です。

刺身定食、カツ丼と一品目だけの宣伝は効果的です。デザインも大切です。

お洒落さをアピールしたければ茶色いセピアに白抜きもいいですが
喫茶店向きです。

黒や赤の背景はガツンとした印象を与えるのでラーメン屋向きです。

ある程度落ち着いた雰囲気で美味しい料理が食べられる和食屋は青地に
白文字がオーソドックスです。

ただし人は色から食べ物をイメージします。

白地だと豆腐、茶色なら肉、赤で暖かい鍋を連想します。

メニューによって色とフォント。
使い分けるのはいい手法です。

一本に絞り、沢山出してうるさく感じさせてしまうと敬遠されがち
という事も注意点です。

カフェでオリジナル「のぼり」を効果的に使う!

オシャレなカフェを効果的に宣伝する方法として、オリジナルのぼりを
利用するお店が増えてきています。

店構えだけではカフェとわかりにくい場所や、奥まった場所にお店を構えて
いる場合でも店舗の前に設置しておくことで道行く人の目にとまりやすく
なりますし、車で移動している人にもお店をアピールすることが出来るように
なりますので、初めてお店を構えるという方にも人気となっています。

サービス

通常ののぼりはポールを通す部分がにチチを使用している特徴があるため
どうしてもオシャレな雰囲気を出すことが難しいデメリットがありますが、
チチを利用せずに袋状にしてポールを綺麗に隠すことが出来るので
オリジナルデザインののぼりをセットすることでお洒落に見えますし、
印象も良くなるメリットがありカフェやベーカリーなどの洋風な
お店で導入されています。

宣伝

また通常のタイプは強風による巻き上りや耐久度が低い特徴がありますが、
袋状でポールを通すタイプは強風に強く巻き上り防止の効果、耐久性の高さも
大きな魅力となっていますので海岸沿いや山沿いに店舗を構えているお店や、
強風が強い場所で行うスポーツ大会などでも活躍します。

ポールには一般的な3mタイプのポールから通常よりもミニサイズの2.4mタイプも
あるので希望のサイズに合わせて設定することが出来ます。

またポールの安定性を維持するためにも注水台をセットすることで
強風でもびくともせずにお店の前に設置することが可能です。

オリジナルデザインのぼりを通販でオーダーする際の注意点

オリジナルデザインののぼりが欲しい時には通販でオーダーすると
良いですがたくさんの注意点があります。

必ず注意しておきたいポイントは仕様の選び方です。

のぼりは同じデザインであってもサイズが違うとかなり印象が変わってきます。

雰囲気に合わせる

設置するお店の雰囲気や立地などを考えてサイズを選択しないと
おかしな印象になってしまうことがありますので、適したサイズを
見極めた上でオリジナルデザインを作成することが大切です。

なおサイズの種類は10以上ありますのでよくチェックする必要があります。

明らかにこれはあり得ないとすぐに判断できるサイズもありますが、
縦幅が少し違うだけや横幅が少し違うだけの場合は迷うこともありますので
しっかりと考えると良いです。

フォント選び

通販でオリジナルデザインののぼりをオーダーする際には、仕様の選び方として
フォントに注目するという注意の仕方もあります。

フォントもサイズと同様、かなり印象を左右する要素の1つですから
内容との相性を重視して決めることが大切です。

柔らかな雰囲気を出したいという場合は丸ゴシック体を選び、地味すぎず
派手すぎない物を求めているようであれば明朝体にするなど書体によって
持っている雰囲気がまったく違いますので、一通りチェックをして
よく比較しながら選ぶと良いです。

さらに徹底した仕様選びをするのであれば、のぼりの素材にも注目しておくと良いです。

耐久性や両面印刷など重視するポイントを明確にして選ぶと良い物を手に入れられます。

色いろな仕様がある通販の「のぼり」

通販

のぼり旗を通販で購入する場合、たくさんの仕様から選ぶことができます。

中には別途料金が必要な場合もあるので、注文時には問い合わせが必要な
こともあります。

注文の際に気を付けることは、既製品であれば発注枚数の他に設置する場所に
適したものかどうかを確認します。

屋外に設置する場合は全天候のことを考え、耐候性のある商品を選ぶことで
長く使うことができます。

場所によっては強風などへの対策も必要で、三方三巻や四方三巻など、
渕の処理を施すことによって生地がほつれたり裂けたりするのを
防止することができます。

インクジェット印刷は少量注文でも発注できるので便利なのですが、
ヒートカットと呼ばれる熱でカットしたままの状態なので屋外での設置には
注意が必要です。

注文

のぼりは通常専用の素材で印刷されることがほとんどですが、
中には長く持たせようとして厚めの生地を希望されることもありますが、
基本的にのぼりは消耗品と考えて、既製品であれば価格の低い商品を
定期に取替えていくほうがお金もかからず便利です。

旗の作成にはデザインによって印刷方法も異なりますし、両面印刷の製品も
作成することができますが、金額は割高になります。

通販で購入する場合には既製品やオリジナルで細かい仕様も異なります。

購入者の希望を満たす商品の作成は難しい部分もあり、希望通りのものが
作成できても割高になることがほとんどです。

のぼりの購入の際は設置した場合の効果を主に考え、価格に納得できれば
その他の点について深く検討する必要はありません。