季節を感じさせる言葉は心に響きやすい!

魚屋で売上アップを目指すために、のぼり旗を活用したいと考えている方も多くいるかもしれません。

しかしのぼり旗というのは、使えば必ずしも売り上げにつながるわけではないのです。

のぼりの製作

お金をかけて旗を作ったとしても、想定していた売り上げにつながらないケースも見られます。

のぼり旗を活用して成果につなげたいのであれば、どのような使い方をするかというのがポイントの1つです。

例えば効率のよい使い方の1つに、季節ごとの商品の入荷情報をアピールするという方法があげられます。
コンビニエンスストアなどでも、冷やし中華やおでんなどの季節ごとの商品はよく宣伝文句として使われています。

同じような形で季節ごとの魚を扱っていることをアピールするのも1つの手です。

秋ののぼり旗であれば、季節の魚である秋刀魚を入荷したことが伝えるようにしましょう。
秋になると秋刀魚を食べたいと感じる方が多いので、のぼり旗を通してアピールすることで興味を持ってもらえる可能性があります。

また、旗の力だけで売り上げを伸ばそうとするのではなく、店内の工夫も欠かせません。
アピールした後は、その商品の陳列などを工夫してお客様の購買につなげる努力も忘れないようにしましょう。

集客アップを目指すために

魚屋でのぼり旗を活用して集客アップを目指す場合、どのような点に注目したらいいのでしょうか。

特に大切なポイントとなるのが、どのようなデザインにしたらいいのかという点です。
デザイン次第で宣伝効果にも大きな違いが出てくるので、よく考えて決めることも忘れないようにしましょう。

鮮魚のぼり

例えばのぼり旗のデザインとして、魚の写真をプリントしたいと考える方もいます。
しかしそのままの魚の写真のプリントだと、好印象にならない方も多くいるのでデザインには注意が必要です。

また可愛いイラストの場合、のぼり旗には合わないケースも見られます。
全体のバランスを考えながら、人々の心を動かすものを検討していくことがポイントの1つです。

イラストなどを入れるのではなく、文字だけのアピールによるのぼり旗を作るのも1つの手です。
季節の魚である秋刀魚の名前を大きく書くだけで、人々が季節を感じて購入したいと感じる可能性もあります。

文字の色や大きさ、さらには周辺の模様や店先に置いても違和感がないデザインかなどチェックするべき点はいくつも存在しています。
さまざまな状況をトータルで考えたうえで、自分の魚屋に合ったのぼり旗を選びましょう。

即日納品ののぼり旗のメリットとデメリット

街中のあちこちで見かけるのぼり旗。

普段意識していないと意外と気づかないものですが、
実際にのぼり旗の存在によって新しいお店に気づいたり
美味しそうなメニューや新商品のアピールに惹かれて
お店に入るきっかけになっていたりするため
のぼり旗は長く重宝されています。

そんなのぼり旗は、何と言っても他の宣伝ツールに比べて
場合によっては即日納品も可能な非常に便利なアイテムです。

即日納品できるのぼり旗を利用することには、メリットとデメリットがあります。

メリットとしては、必要な時にすぐ手配できる便利さがあります。
例えば使用しているのぼり旗が強風などで使用できなくなったような時、
すぐに納品してもらえれば機会損失を防ぐことができます。

また料金も安いことが多いので、手軽に注文することができます。
さらにネット通販で注文するので、必要とするデータもネットで
入稿できるので、デザイン作成に手間取っても
すぐに送ることが可能です。

納品が早い

テンプレートを利用すれば、さらに手早くデザイン作成も行えるので便利です。

一方でデメリットとなるのは、その多くがインクジェットや
昇華転写によるプリントなので耐久性が低いことです。

色あせるのも早いので、長期間の使用には向いていないわけです。

つまり、定期的に作り替える手間がかかります。
また、インキが生地に染み込むことがないので、裏面から見ると
絵柄がはっきりと見えないこともデメリットとなります。

即日納品が可能なのぼり旗はこのようないくつかのデメリットがありますが、
活用方法を工夫することで宣伝効果を高めることが可能です。

定期的に作り替える必要はありますが、デザインを変えることで
注目度を維持することになります。

のぼりのデザインを変える
また飲食店のように季節ごとにお勧めの料理をデザインすれば
訴求力につながります。

また、作成に時間がかかるシルク印刷ほどの鮮やかさはありませんが、
キメの細やかなデザインをプリントしたのぼり旗を作ることが可能となります。

カフェや食堂の新型コロナ対策に

飲食業のお店では、新型コロナの流行の影響で
営業の縮小化を余儀なくされたり、売り上げが急激に
落ち込んでいるというお店が多いのが実情です。

そんな時にお勧めなのが、ランチやディナータイムのテイクアウトメニューです。

のぼり旗をできるだけ安く購入したい

お弁当にして販売すれば、最近の自粛で疲れている人も
買いものができますし、自宅に滞在していて料理をする気力も
無くなっている人が多いので、訴求力があります。

テイクアウトメニューを考えたら、のぼり旗のオーダーもしておくのが良いでしょう。

知ってもらわないことには売り上げにはつながりませんし、
普段テイクアウトのメニューをやっていないお店では
利用客の側が知る機会がありません。

道を歩いていて目に付きやすいのぼり旗なら、見つけやすいですし
気軽に立ち寄ることができる店としてのアピールになります。

のぼり旗は、ネットで簡単にオーダーすることができるので
忙しい時でも助かりますし、感染性の病気が流行している時は
外出もままなりませんので、まずはネットでオーダーがお勧めです。

デザインなども沢山の中から選ぶことができますし、
お気に入りのデザインの物を店先に設置すれば
知名度も上がって話題作りになります。

のぼり旗を設置してアピール

せっかく美味しいお弁当をつくって店先で販売していても、
歩いている人や車で通りかかった人が気が付かなければ
売り上げにつながりにくくなってしまいます。

初期投資は多少必要ですが、目立つということは重要ですし、
お弁当はコンビニエンスストアより飲食店の物を食べたいという人が多いです。

お弁当のぼり

のぼり旗を設置することで、通行人へのアピール力がアップしますので
多少の出費にはなりますが、商品を購入してもらえる機会が
各段に増えるためにすぐに元が取れます。

目立つもので、お店独自のオリジナリティを加えたものなら、
よりアピール度も高まります。

のぼり旗は、色々なデザインにすることができますので
お店のイメージに合ったものをいくつか作成すると良いでしょう。

新型コロナが落ち着いたとしても、人気が高まれば
そのままテイクアウトメニューとして続けることで
売上もアップさせられます。

持ち帰りの食事は、現在多くの人が求めているものですし
スーパーやコンビニエンスストアと異なり美味しいものを出せば
売り上げも倍増します。

この時期を乗り越えるために、初期投資としてのぼり旗を検討するなら、早めがお勧めです。

オンラインから注文できるお店なら、忙しい方に最適です。