カフェや食堂の新型コロナ対策に

飲食業のお店では、新型コロナの流行の影響で
営業の縮小化を余儀なくされたり、売り上げが急激に
落ち込んでいるというお店が多いのが実情です。

そんな時にお勧めなのが、ランチやディナータイムのテイクアウトメニューです。

テイクアウトの利用

お弁当にして販売すれば、最近の自粛で疲れている人も
買いものができますし、自宅に滞在していて料理をする気力も
無くなっている人が多いので、訴求力があります。

テイクアウトメニューを考えたら、のぼり旗のオーダーもしておくのが良いでしょう。

知ってもらわないことには売り上げにはつながりませんし、
普段テイクアウトのメニューをやっていないお店では
利用客の側が知る機会がありません。

道を歩いていて目に付きやすいのぼり旗なら、見つけやすいですし
気軽に立ち寄ることができる店としてのアピールになります。

のぼり旗は、ネットで簡単にオーダーすることができるので
忙しい時でも助かりますし、感染性の病気が流行している時は
外出もままなりませんので、まずはネットでオーダーがお勧めです。

デザインなども沢山の中から選ぶことができますし、
お気に入りのデザインの物を店先に設置すれば
知名度も上がって話題作りになります。

のぼり旗を設置してアピール

せっかく美味しいお弁当をつくって店先で販売していても、
歩いている人や車で通りかかった人が気が付かなければ
売り上げにつながりにくくなってしまいます。

初期投資は多少必要ですが、目立つということは重要ですし、
お弁当はコンビニエンスストアより飲食店の物を食べたいという人が多いです。

お弁当のぼり

のぼり旗を設置することで、通行人へのアピール力がアップしますので
多少の出費にはなりますが、商品を購入してもらえる機会が
各段に増えるためにすぐに元が取れます。

目立つもので、お店独自のオリジナリティを加えたものなら、
よりアピール度も高まります。

のぼり旗は、色々なデザインにすることができますので
お店のイメージに合ったものをいくつか作成すると良いでしょう。

新型コロナが落ち着いたとしても、人気が高まれば
そのままテイクアウトメニューとして続けることで
売上もアップさせられます。

持ち帰りの食事は、現在多くの人が求めているものですし
スーパーやコンビニエンスストアと異なり美味しいものを出せば
売り上げも倍増します。

この時期を乗り越えるために、初期投資としてのぼり旗を検討するなら、早めがお勧めです。

オンラインから注文できるお店なら、忙しい方に最適です。