リーズナブルで気軽に宣伝できる

のぼりの本数のぼり旗はそれほど高額なわけではなく、気軽に取り入れることができるのでチャレンジしやすいのも特徴になっています。

一本だけでも良いですが、何本かののぼり旗を掲げておくことにより、目立つのでよりテイクアウトのアピールになります。

 

店内に入ったことがある人やそのお店の常連ならば、もともとお持ち帰りを行なっていた場合には利用してくれることもありますが、入ったことがない人に知ってもらうためには目立たせることが大切であり、のぼり旗の宣伝効果はかなり高いと言えるのではないでしょうか。

もちろん以前からお持ち帰りを実施していたお店だけではなく、時代のニーズに合わせて最近お持ち帰りを始めたという飲食店も多いのではないでしょうか。その場合には、常連さんにすらお持ち帰りをしていることを知ってもらえていない場合が多いです。

幟旗を掲げておくことにより、飲食店に入って食事をするのは気がひけると考えている人も、気楽に注文してくれるようになります。リーズナブルに導入できる方法でありながら、売り上げを伸ばすことに多い中役立つ可能性が高い方法であり、悩んだ際にはまず一本か二本掲げてみる価値はあると言えます。

簡単で集客に役立つ方法

近年ではSNSの普及もあり、インターネットを使って宣伝した方が効果的であり金銭面の負担もないと考える人が増えています。

しかしSNSが苦手な経営者にとっては、それすらも難しく感じるのではないでしょうか。

その際に役立つのがのぼり旗であり、簡単で手間もかからないのが特徴となっています。経営者側がSNSが苦手というだけではなく、お客さん側が苦手でありSNSは一切見ないケースも珍しくありません。

その場合にはいくらSNSで宣伝をしても効果は得ることができず、持ち帰りを行っていても気付いてもらうことすらできず売り上げアップにつなげることは難しいです。

昔ながらの方法ではありますが、のぼり旗を掲げることによりお店に興味を持っている人はもちろんのこと、通りがかりの人にまでお持ち帰りを行っていることを知らせることができます。

のぼり旗でお弁当ありますと書かれてあると、レストランでもお弁当を持って帰ることができるだという興味をひいたり、レストランだからこそ美味しいに違いないと感じて注文する人を増やす効果があります。

テイクアウトのぼりでアピール

簡単な方法でありながら、集客に大変役立つ方法なのでチャレンジしてみるべきです。

季節を感じさせる言葉は心に響きやすい!

魚屋で売上アップを目指すために、のぼり旗を活用したいと考えている方も多くいるかもしれません。

しかしのぼり旗というのは、使えば必ずしも売り上げにつながるわけではないのです。

のぼりの製作

お金をかけて旗を作ったとしても、想定していた売り上げにつながらないケースも見られます。

のぼり旗を活用して成果につなげたいのであれば、どのような使い方をするかというのがポイントの1つです。

例えば効率のよい使い方の1つに、季節ごとの商品の入荷情報をアピールするという方法があげられます。
コンビニエンスストアなどでも、冷やし中華やおでんなどの季節ごとの商品はよく宣伝文句として使われています。

同じような形で季節ごとの魚を扱っていることをアピールするのも1つの手です。

秋ののぼり旗であれば、季節の魚である秋刀魚を入荷したことが伝えるようにしましょう。
秋になると秋刀魚を食べたいと感じる方が多いので、のぼり旗を通してアピールすることで興味を持ってもらえる可能性があります。

また、旗の力だけで売り上げを伸ばそうとするのではなく、店内の工夫も欠かせません。
アピールした後は、その商品の陳列などを工夫してお客様の購買につなげる努力も忘れないようにしましょう。

集客アップを目指すために

魚屋でのぼり旗を活用して集客アップを目指す場合、どのような点に注目したらいいのでしょうか。

特に大切なポイントとなるのが、どのようなデザインにしたらいいのかという点です。
デザイン次第で宣伝効果にも大きな違いが出てくるので、よく考えて決めることも忘れないようにしましょう。

鮮魚のぼり

例えばのぼり旗のデザインとして、魚の写真をプリントしたいと考える方もいます。
しかしそのままの魚の写真のプリントだと、好印象にならない方も多くいるのでデザインには注意が必要です。

また可愛いイラストの場合、のぼり旗には合わないケースも見られます。
全体のバランスを考えながら、人々の心を動かすものを検討していくことがポイントの1つです。

イラストなどを入れるのではなく、文字だけのアピールによるのぼり旗を作るのも1つの手です。
季節の魚である秋刀魚の名前を大きく書くだけで、人々が季節を感じて購入したいと感じる可能性もあります。

文字の色や大きさ、さらには周辺の模様や店先に置いても違和感がないデザインかなどチェックするべき点はいくつも存在しています。
さまざまな状況をトータルで考えたうえで、自分の魚屋に合ったのぼり旗を選びましょう。

即日納品ののぼり旗のメリットとデメリット

街中のあちこちで見かけるのぼり旗。

普段意識していないと意外と気づかないものですが、
実際にのぼり旗の存在によって新しいお店に気づいたり
美味しそうなメニューや新商品のアピールに惹かれて
お店に入るきっかけになっていたりするため
のぼり旗は長く重宝されています。私はよくnoboribata.netを利用しております。

そんなのぼり旗は、何と言っても他の宣伝ツールに比べて
場合によっては即日納品も可能な非常に便利なアイテムです。

即日納品できるのぼり旗を利用することには、メリットとデメリットがあります。

メリットとしては、必要な時にすぐ手配できる便利さがあります。
例えば使用しているのぼり旗が強風などで使用できなくなったような時、
すぐに納品してもらえれば機会損失を防ぐことができます。

また料金も安いことが多いので、手軽に注文することができます。
さらにネット通販で注文するので、必要とするデータもネットで
入稿できるので、デザイン作成に手間取っても
すぐに送ることが可能です。

納品が早い

テンプレートを利用すれば、さらに手早くデザイン作成も行えるので便利です。

一方でデメリットとなるのは、その多くがインクジェットや
昇華転写によるプリントなので耐久性が低いことです。

色あせるのも早いので、長期間の使用には向いていないわけです。

つまり、定期的に作り替える手間がかかります。
また、インキが生地に染み込むことがないので、裏面から見ると
絵柄がはっきりと見えないこともデメリットとなります。

即日納品が可能なのぼり旗はこのようないくつかのデメリットがありますが、
活用方法を工夫することで宣伝効果を高めることが可能です。

定期的に作り替える必要はありますが、デザインを変えることで
注目度を維持することになります。

のぼりのデザインを変える
また飲食店のように季節ごとにお勧めの料理をデザインすれば
訴求力につながります。

また、作成に時間がかかるシルク印刷ほどの鮮やかさはありませんが、
キメの細やかなデザインをプリントしたのぼり旗を作ることが可能となります。

カフェや食堂の新型コロナ対策に

飲食業のお店では、新型コロナの流行の影響で
営業の縮小化を余儀なくされたり、売り上げが急激に
落ち込んでいるというお店が多いのが実情です。

そんな時にお勧めなのが、ランチやディナータイムのテイクアウトメニューです。

のぼり旗をできるだけ安く購入したい

お弁当にして販売すれば、最近の自粛で疲れている人も
買いものができますし、自宅に滞在していて料理をする気力も
無くなっている人が多いので、訴求力があります。

テイクアウトメニューを考えたら、のぼり旗のオーダーもしておくのが良いでしょう。

知ってもらわないことには売り上げにはつながりませんし、
普段テイクアウトのメニューをやっていないお店では
利用客の側が知る機会がありません。

道を歩いていて目に付きやすいのぼり旗なら、見つけやすいですし
気軽に立ち寄ることができる店としてのアピールになります。

のぼり旗は、ネットで簡単にオーダーすることができるので
忙しい時でも助かりますし、感染性の病気が流行している時は
外出もままなりませんので、まずはネットでオーダーがお勧めです。

デザインなども沢山の中から選ぶことができますし、
お気に入りのデザインの物を店先に設置すれば
知名度も上がって話題作りになります。

のぼり旗を設置してアピール

せっかく美味しいお弁当をつくって店先で販売していても、
歩いている人や車で通りかかった人が気が付かなければ
売り上げにつながりにくくなってしまいます。

初期投資は多少必要ですが、目立つということは重要ですし、
お弁当はコンビニエンスストアより飲食店の物を食べたいという人が多いです。

お弁当のぼり

のぼり旗を設置することで、通行人へのアピール力がアップしますので
多少の出費にはなりますが、商品を購入してもらえる機会が
各段に増えるためにすぐに元が取れます。

目立つもので、お店独自のオリジナリティを加えたものなら、
よりアピール度も高まります。

のぼり旗は、色々なデザインにすることができますので
お店のイメージに合ったものをいくつか作成すると良いでしょう。

新型コロナが落ち着いたとしても、人気が高まれば
そのままテイクアウトメニューとして続けることで
売上もアップさせられます。

持ち帰りの食事は、現在多くの人が求めているものですし
スーパーやコンビニエンスストアと異なり美味しいものを出せば
売り上げも倍増します。

この時期を乗り越えるために、初期投資としてのぼり旗を検討するなら、早めがお勧めです。

オンラインから注文できるお店なら、忙しい方に最適です。

ラーメン屋でオリジナル「のぼり」を効果的に使う!

ラーメン屋の新規客・飛び込み客獲得のために、立て看板や電飾スタンド、
提灯などさまざまな広告ツールが使用されています。

その中でも、設置費用が安いのにもかかわらず効果的な集客が
見込めるのがのぼりです。

ラーメン屋をはじめとするロードサイド沿いの飲食店の前に、
たくさんののぼり旗が並んでいる光景は珍しくありません。

これだけ普及しているのにはいくつかの理由があります。

のぼり

最初にあげるべきは視認性の高さです。

1枚あたりの面積が広く、書かれている文字も大きいので、店の前を通る
ドライバーや通行人の視線を瞬間的に引きつける強い力があります。

いったん店の前を通り過ぎた通行人やドライバーが、気になって引き返して
くることも珍しくありません。

経営的な観点からは、設置費用の安さも魅力的です。

立て看板や電飾スタンドを製作するのには数万円から数十万円の
コストを必要とします。

しかし、その数十分の一のコストで、オリジナルデザインの
のぼりを何枚も制作できます。

オリジナルデザインの制作といっても、背景や文字の色、文字の大きさや
書体を組み合わせるだけなので、低コストで店の名前や看板メニューなど
お客にアピールしたいオリジナルメッセージ入りのものを作ることが可能です。

制作

自分でデザインを考えるのが苦手な経営者に代わって、製作会社がいくつかの
デザインパターンを考えて提案してくれるので、制作にあたっての手間も
ほとんどかかりません。

以上のように、シンプルでありながらも効果的で、しかも導入コストが
安いことが、これだけ広く普及している要因です。

和食屋でオリジナル「のぼり」を効果的に使う!

集客

和食屋にはのぼり集客が効果的です。

どこの和食屋でものぼりが出ていることは多いですがオリジナルで
特徴あるのぼりは目立ちますしお客さんが入ってみようかという
気持ちにもなります。

それではオリジナルだとお客さんに思わせるにはどうしたら良いかですが、
ただお店のメニューを羅列しておくだけだとそのお店が売り物としている
名物料理がわかりません。

うなぎ、天ぷら、寿司、そば、とんかつと並べて書いてあると何を売り物に
しているかわかりませんし限られたスペースに料理名が沢山書かれていると
文字も小さくなります。

そうすると車に乗った人は読めないまま通過してしまいます。

効果的に

効果的なのはそのお店の特徴や売りを一目見ただけで理解できる宣伝文です。

例えば定食580円と書いてあると人は安いと感じ入ってみたくなります。

実際にお客さんがその定食を頼むかどうかはまた別の話で、
まずは入ってみたいお店と思わせることが大事です。

人間の記憶力の限界はマジックナンバーと言われていて7単位、
7文字よりも少なければ覚えやすいのでその中にお店の特徴や売り物を
入れるという短文勝負です。

刺身定食、カツ丼と一品目だけの宣伝は効果的です。デザインも大切です。

お洒落さをアピールしたければ茶色いセピアに白抜きもいいですが
喫茶店向きです。

黒や赤の背景はガツンとした印象を与えるのでラーメン屋向きです。

ある程度落ち着いた雰囲気で美味しい料理が食べられる和食屋は青地に
白文字がオーソドックスです。

ただし人は色から食べ物をイメージします。

白地だと豆腐、茶色なら肉、赤で暖かい鍋を連想します。

メニューによって色とフォント。
使い分けるのはいい手法です。

一本に絞り、沢山出してうるさく感じさせてしまうと敬遠されがち
という事も注意点です。

カフェでオリジナル「のぼり」を効果的に使う!

オシャレなカフェを効果的に宣伝する方法として、オリジナルのぼりを
利用するお店が増えてきています。

店構えだけではカフェとわかりにくい場所や、奥まった場所にお店を構えて
いる場合でも店舗の前に設置しておくことで道行く人の目にとまりやすく
なりますし、車で移動している人にもお店をアピールすることが出来るように
なりますので、初めてお店を構えるという方にも人気となっています。

サービス

通常ののぼりはポールを通す部分がにチチを使用している特徴があるため
どうしてもオシャレな雰囲気を出すことが難しいデメリットがありますが、
チチを利用せずに袋状にしてポールを綺麗に隠すことが出来るので
オリジナルデザインののぼりをセットすることでお洒落に見えますし、
印象も良くなるメリットがありカフェやベーカリーなどの洋風な
お店で導入されています。

宣伝

また通常のタイプは強風による巻き上りや耐久度が低い特徴がありますが、
袋状でポールを通すタイプは強風に強く巻き上り防止の効果、耐久性の高さも
大きな魅力となっていますので海岸沿いや山沿いに店舗を構えているお店や、
強風が強い場所で行うスポーツ大会などでも活躍します。

ポールには一般的な3mタイプのポールから通常よりもミニサイズの2.4mタイプも
あるので希望のサイズに合わせて設定することが出来ます。

またポールの安定性を維持するためにも注水台をセットすることで
強風でもびくともせずにお店の前に設置することが可能です。